知られていない宇宙の不思議

最近天文学の書物を読んだのですが、宇宙と地球の縁や、宇宙の広さって人間の変更などの色々な素因があって面倒面白かっただ。

身は今更サイエンティストを志すことはありませんが、何かしら人間の宇宙突撃に味方できたらと思います。

かと言って方法方や宇宙ベンチャー設立方も耐え難い。

なので今回考えているのはマッチだ。

面白く自然に科学熟知が自分に着いたり、宇宙への興味が湧くようなそういったマッチを吐出したくなりました。

そのために身に着けないといけない熟知や手数の音量を考えるってぐったり決めるけど(笑)

あとウェブログで科学系の書物を紹介するウェブログをやり、アフィリエイトプログラムでサラリーを得るというのもうれしいかもしれません。

マッチ製作ってウェブログ経営を同時にやれば、マッチ製作に必要な記録を読みながらお儲けができます。

こういうことを考えるって相当わくわくしますね。

もう一度科学系の書物を読んで考えて行きたいと思います。

ただし、仮にう科学を面白く学べるマッチがあったらいかんせん。

もしもあったらそれをアフィリエイトプログラムで売ればいいか(笑)

ミュゼ五反田

靴を通販で買ってもよいのかという不安

前週不安に悩んだ後半注文したウェーディングシューズがつい先日、宅急便で到着した。

マキシマム悩んでいたのはそのサイズ。
ウェーディングシューズのサイズ明示はクリエイターにて違いあり、当事者として履くネオプレーンソックスの厚さを考慮したサイズを明示やるクリエイターもあれば、明示サイズによってひと回り大きめのサイズを後押しやるクリエイターもある。
しかも素足サイズは中途半端であり、此度注文したクリエイターの明示によって0.5cm大きめ、つまり明示サイズがそのシューズの最大値で当てはまる状態、届いたこういうシューズがきつすぎる恐れもあったのだ。

幸いな事にソックス込みで試着してみた部位非常にピッタリで安堵した理由だが、ショップに殆ど置いていない機種のシューズを通販で注文する状態、試着して応対イメージを確かめられない欠点が常につきまとう理由で、リーズナブルだからって安易に近付くのも危険な理由です。
出来れば明示サイズの他、その程度の許容サイズや応対し易い足形の提唱などを併記してもらったほうが気楽出来るのである。
今回はさほどセリフが親切なところやクリエイターであったので気楽出来た。

更に接地して全ウエイトを助けるシューズの場合、明らかに上にはおるレインギアよりもフィットする野原は大変ハズで、いずれ通販で注文する際も気をつけたいところである。